卒業生からの贈り物

埼玉県入間市の書道教室〜彩の森書道教室です。

まだまだ猛暑日が続く8月…この暑さには命の危険すら感じますね(汗)子供達の中には、早くも今週から学校が始まっている子もいます。登下校時等は暑いだろうなあ、皆んな大丈夫かしら?テレビ等で熱中症で病院に運ばれる方も多いと聞きます。登下校時は帽子を被ったり、こまめな水分補給、適切なマスク着用マナー等、くれぐれも熱中症にならないよう予防に努めて、この特別な夏を乗り越えてほしいと願っています。

さて、最近はスーパーでお買い物するにもエコバッグが必要不可欠となりましたね。私はスーパーでは、マイバスケットを使う派?です。面倒くさがり屋さんの私にとっては、レジでバスケットに詰めてもらってそのままお持ち帰りできるマイバスケットはとっても楽ちんなのです(笑)もちろん、極少量の時はエコバッグを使いますよ。エコバッグは、買う物に応じて大・中・小の3種類を使っています。その中の小・エコバッグは、卒業生からの贈り物を愛用しています。これがまた、コンビニ等で飲み物を買ったりと少量のお買い物にはピッタリなサイズで使い心地がとても良いのです。

そんな素敵な贈り物をプレゼントしてくれた彼女は、現在中学1年生。小学3年生から通ってくれましたが、中学進学を機に3月末をもって教室を卒業となりました。が…ご存知の通り、新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が発令され3月から教室も休講となりました。最後のお稽古も出来ないまま…そして、直接お別れが出来ずとてもとても残念でたまりませんでした(泣)ですが、緊急事態宣言解除後、お母様から先生に直接ご挨拶がしたいとの大変ありがたいご連絡を頂いたのです。久しぶりに会う彼女は、すっかり中学生のお姉さんらしくなっていて、中学校生活がとても楽しいとのお話しをしてくれました。別れ際に「先生、これ良かったら貰って下さい」とハニカミながらお手紙を添えて渡してくれた贈り物。お料理やお裁縫が大好きな彼女、私の為にエコバッグを手作りしてくれたのです。〇〇ちゃん、本当にありがとう!世界に一つだけのエコバッグ、優しさと愛に溢れた贈り物…先生ずっとずっと大事に使うね。

小学3年生から6年生までの4年間、彩の森書道教室に通ってくれてありがとう。コツコツと努力を積み重ねて字も上手になりましたね。先生ね、〇〇ちゃんとお母様との出逢いは必然だったと思っています。それは、お母様とも深く繋がったことにあります。お母様、お互いに体調に気をつけて人生を歩んで行きましょうね。直接、ご挨拶が出来て私の方こそとても嬉しかったです。本当にありがとうございました。

出逢いと別れ…出逢いがあるからこそ、学ぶことや新しい発見が出来たり思い出を享受することが出来ます。別れがあるからこそ、それまでのその人がいた当たり前の日常の大切さを思い知ります。それらが積み重なって、彩りのある人生になっていくのだと…。

※まもなく2020年度・児童クラス新規生徒募集を終了致します。募集残席が3席となっておりますので、ご興味のある方はホームページのお問い合わせフォームよりお早めにお問い合わせ下さい。皆様とのご縁〜出逢いを心よりお待ちしております。