埼玉県学校書初め・地区代表選手→県展への道

埼玉県入間市の書道教室〜彩の森書道教室です。

まだまだ、新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない日々…。私自身、生徒さん方を一時的にでも教室でお預かりする立場ですので、普段から感染予防対策と体調管理、そして私の家族も含めて行動制限等を徹底した日々をおくっています。また、当教室の児童クラスでは、お母様方にいつも以上にお子様方の体調に気を配って頂き、お稽古時、入室の際は玄関で生徒さん全員の体温測定を実施しています。体温測定で発熱が無い事を確認した後、手指消毒をして教室に入室して頂きます。席に荷物を置いたら、直ぐにハンドソープで念入りに手洗いをします。それから、お道具の準備に取り掛かります。退室時も同様に、教室で念入りな手洗いをした後、玄関で手指消毒をし退室します。窓を開けての換気、空気清浄機の設置、また、クラスの入れ替え時には、テーブルや座布団、玄関ドアノブ、階段手摺り、トイレ等…共有する箇所を消毒液で拭き上げます。思いつく可能な対策を講じて、皆さんと共にこの難局を乗り越えて行きたい…そう願ってやみません。

さて、冬の書初めシーズンもクライマックスを迎えました。最後は、教室の子供達の憧れ、夢、目標でもある「埼玉県書初め中央展覧会」通称、県展!春の硬筆展が中止されただけに、書初め展はどうなるのかと心配していましたが…開催の運びとなり、子供達は中止になった硬筆展の分もと…俄然やる気満々に各自練習を積み重ねてきました。教室レッスン〜特別レッスン〜追加レッスンでは、「ダメ!違う!もう一回!集中しなさい!先生の言うこと理解して書いてる?お手本をぼんやり見ない!頭を使って書きなさい!etc…手厳しい鬼の?ダメ出し三昧にもめげず、強い気持ちを持って忍耐・根気強く練習を積み重ねました。普段のお稽古では優しい先生?ですが…コンクールは短期決戦!皆んなの夢、目標に向かって、心を鬼にし深い愛を持ち全身全霊にて、熱々で?指導しています(笑)

その結果、年明けには皆んな、各々が今持っている最大限の実力を発揮して、作品の完成度を上げてくれたのです(拍手)現在当教室には、小学3年生以上の生徒さんは23名在籍していますが、何と!今回は小学生では100%、中学生でも99%の子供達が各学校の代表選手になりました(驚)学校書初めデビューの小学3年生も全員揃って代表選手に決まり、先生びっくり‼︎いやあ〜、ホントに皆んな頑張りましたね。すごいです(拍手)

学校の代表選手になった子供達の作品は、各地区の審査会へとコマを進めます。その地区審査でほんの一握りの作品が、皆んなが憧れる県展へと進むのです。なななんと…入間市の小学生においては、今回、例年よりも県展に進む枠が減数され、各学年たった4名という…超〜難関となりました(汗)ここにも新型コロナの影響が…憎っくきコロナめ‼︎(怒)ですが、ですが…さすが彩の森の子供達‼︎超難関である数少ない県展枠をしっかり掴みとってくれましたあ〜〜‼︎小学4年生においては、4枠全てをgets‼︎先生もびっくり‼︎……だったのですが、今回、彩の森4年生全員の作品は、私から見てもとても出来栄えが良く、その仕上がりに私的には満足していたのです。それがそれが…4枠全てを占めてくれるだなんて…夢の様な出来事でした。しかも、「先生、私は県展に行きたいです!どうしたら県展に行けますか?」と書初めお手本を手にした直後に、そう私に熱い想いを伝えてきた◯◯ちゃん。その◯◯ちゃんが何と!初の県展へと進むことができたのです(感涙)いつも寡黙に黙々と練習に取り組む彼女ですが、自分を主張する事が苦手で、線も弱く全体的にこじんまりとした作品に仕上がってしまいがち…。ですが今回は違いましたよ!強い気持ちでのぞんだ特別レッスン、受講中から作品がガラリと変わり、その後、冬休み中に自宅でたくさんの練習を積み重ねて〜代表選手の座をgets!そして、◯◯ちゃん念願の県展の座を掴みとったのです(拍手)お母様に聞くと、これまで以上に一生懸命練習をしていて、我が子ながら、良く頑張っているなあと…とても感心したそうです。

有言実行!素晴らしい行動ですね。夢や目標があれば、そこに向かって行動、努力をしなければなりません。口で言うだけで何もしない人は…ただのお馬鹿さんですからね(笑)夢や目標が大きければ大きい分、それ相応の行動・努力が必要です。そして、周りのサポート・応援も必要‼︎彩の森書道教室では、お子様はもちろんですが、お母様にも頑張ってサポートして頂きます。コンクールは母子二人三脚でのぞみます‼︎教室で練習する時間、私から指導を受ける時間はほんの短時間です。その短時間で書き方のコツを掴み、自宅にてたくさん練習する!その為にも、お母様の力・サポートが必要です。私に代わって、自宅ではお母様が的確な指摘・アドバイスをし、叱咤激励をして頂きながら子供達の練習をサポート・応援して頂きます。コンクールはチーム戦!彩の森書道教室では、お子様が1人で孤独に頑張る事がない様に、お母様と共に試行錯誤しながらサポートに努めています。

今回、当教室在籍生徒から22名が各学校の代表選手となり、各地区展を経て〜11名の子供達が憧れの県展に入選しました。【小学3年生・1名 (入間市) / 小学4年生・5名(入間市4名・狭山市1名) / 小学6年生・1名(入間市) / 中学1年生・4名(入間市)】入選おめでとうございます‼︎

もちろん、夢や目標が叶った生徒さんもいれば、叶わなかった生徒さんもいます。これはいつも私が生徒さんに言っている事ですが、【コンクールは経験を積む場です】コンクールを通して得た経験こそが1番の収穫!その実りある収穫を、今後に繋げるか繋げないかで未来が変わりますよ。さてさて〜あなたはどうしますか?さあ〜!皆んな、次の夢や目標に向かって力強い一歩を踏み出しましょう!

前の記事

2021年スタートです

次の記事

学校書初めデビュー戦