彩の森オリンピック開催?!

埼玉県入間市の書道教室〜彩の森書道教室です。

さあ〜!4年に一度のオリンピック、冬季・平昌オリンピックが始まりましたね。ルールもわからないけど、競技に見入ってしまい、テレビの前で声援を送る私(笑)オリンピックを機に、色んなスポーツを知ることが出来て楽しいですね。全世界が注目する憧れ〜夢多き大舞台!メダルの獲得も大事だとは思いますが、選手の皆さんには、スポーツを通して、たくさんの感動を夢を我々に届けてほしい…そう思いながら、声援を送りたいと思います!

さて、平昌オリンピック開催前に、彩の森書道教室でも彩の森オリンピックを開催致しました?!(笑)何の??うふふふふ〜(笑)彩の森書道教室プレゼンツ!名付けて『墨リンピック』を開催しましたよ(笑)墨リンピックは、4年に一度ではなく不定期で開催しております(笑)墨の色、基本の線の美しさを競う墨リンピック、子供達の声で今回は団体戦と個人戦にて競ってみました。

彩の森書道教室は、現在、1クラス8名という少人数制のクラス構成でレッスンを行なっています。まずは団体戦、4人ずつの2チームに分かれましょう!さて、どう分かれる?!子供達の決断力は早く「こっちとあっち」と席順にて2チームが完成!早っ(笑)ではでは、墨作りに取り掛かりましょう。

聞くところによると、学校では墨をする機会がほとんど無いようですね。それもそのはず…学校が推奨する書道バックには、セラミック製の硯?墨池がセットされています(汗)ホームセンターで見かけるものも、セラミック製のものがほとんどですね(泣)軽量化?なのか何なのかわかりませんが….(汗)彩の森書道教室は、全員が石の硯を使っています(使わせます(笑))お習字をやっているのに、本物の硯も知らないでは、子供達が大人になった時に恥ずかしい思いをしますからね(汗)それに、本物を知る見る使うことは子供達の教養にも繋がります。

幼年・みっくんも集中して上手に墨をすっています。「みっくん、手が疲れたらお休みしながらでいいんだよ」と言うのですが「ううん、大丈夫!」と、高い集中力を発揮し、硯を見つめひたすらすっています。彩の森書道教室では、年長さんから入塾可能となっています(ただし、ひらがなの読み書きができる、ある程度の時間集中ができることが条件です)

自分だけの墨色が出来たらいざ出陣?!基本の横画で一本・一発勝負!基本ですから、筆の持ち方はもちろん、起筆の入れ方、送筆のリズム、筆の送り方、終筆のまとめ方etc、横画の起(始)筆〜送筆〜終(収)筆までの一貫した筆の動き、線の質・美しさを競います。

⬇︎小2・き〜ちゃん、私が言わずとも、筆を持つと、まずはイメージ・筆の動きをしっかり頭の中に描いています。通常のお稽古では、お手本をしっかり観察し、半紙に書き出す前に何度も何度もイメージを描くよう指導していますので、そのルーティーンが自然に身に付いていて指導の手応えを感じますね♡

⬇︎しっかりイメージできたら…「いきます!!」元気な声を合図にスタート!斜め45度の角度にトン♪

⬇︎スウ〜〜♪リズムに乗って紙の上を筆が滑らかに動いていきます。スタートからゴールまで、いつものお稽古よりも長い距離ですが、誰一人として、線がクネクネ曲がったり、下がったり、立ち止まったりしません。すごいね〜(拍手)皆んな、高い集中力を発揮して一本の線を見つめひいていきます。周りの子供達も、この時ばかりは息を呑み、お友達の筆の動きに集中し心の中で声援を送ります。その空気感、心地良い緊張感の中に、チームの一体感はもちろん同じ学び舎で学ぶ仲間達の一体感を感じます。

⬇︎心地良い緊張感の中で、フィニッシュ!!最後の最後まで、しっかり線を見つめゴール!!「さあ〜、最後こそ大事よ!!きれいに終筆決めるのよ〜」お稽古時にも子供達に口すっぱく?言っていますが(笑)「最後こそ大事!!最後をいい加減にしちゃダメだよ〜、最後をいい加減にしちゃうと、せっかく丁寧に始めた線が台無しになるんだよ〜。自分の書く線を大切に思う人は、最後まで大事に書くのよ〜」と(笑)最後をいい加減に書いているのを見つけると「〇〇ちゃんの線が泣いてるよ。もっと、大切にしてほしいよ〜って言ってるよ」etcと声かけをします(笑)この日の子供達からは、自分が書く線を大切に思っていることが伝わり、とても誇らしく思いました(拍手)

さあ〜!全員が終了〜。さてさて、審査に入りましょう。一本の線を見ながら、墨の色、線の質・美しさetc様々な要素について、全員でデイスカッションします。自分の線についてはもちろんですが、お友達の線について「起筆がとてもきれい!!」「線が真っ直ぐで気持ちがいいね!!」「終筆もきれい!!」「墨の色が濃くてきれい!!」etc各々の意見や感想がどんどん飛び出します。いいですね〜積極的に自分の意見や感想が言える、自立の一歩でもありますよね。何より、彩の森の子供達の意見や感想は、とても前向き・プラス志向!良いところを見つけて、そこを評価しています。素晴らしい(拍手)「褒めて伸ばす」当教室の理念が子供達にも浸透しているんだなぁと嬉しく思いました。

様々な要素についての意見・感想を総合し、そこに全員の投票そして私の投票を加算していき…じゃじゃじゃじゃじゃ〜ん!団体戦、総合優勝はBチーム!!そして、個人戦、総合優勝は幼年・みっくん!!に決定(拍手)お兄さん、お姉さん達も高い評価で認めた、幼年・みっくんの墨色、線の質・美しさは群を抜いて素晴らしいものでした。

そして、幼年にして、墨をする・一本の線にのぞむ時の高い集中力に大変驚きました。ブレない姿勢で周りに流されず自分のワールドを作り、その中で全力を発揮したみっくん、頑張ったね〜おめでとう(拍手)

彩の森書道教室では、通常レッスンの中に様々な企画レッスンを盛り込んで「書の楽しさ」を伝えています。お習字って、書くって、こんなに楽しいんだよ!!ワクワクするんだよ!!こんな楽しみ方もあるんだよ!!etc 不定期ではありますが、従来の書道の枠を超え、書を通して、子供達の自由な発想、創造力etcを引き出し高め、各々が持っている個性、感性や芸術性等を磨いていきます。「お習字って、書道って、書くってこんなに楽しんだ!!」そう子供達に思ってもらえるような企画レッスンを、今後も考えていきたいと思います♡