成長の証

埼玉県入間市の書道教室〜彩の森書道教室です。

お天気模様からも季節の変わり目を感じる今日この頃、桜もそろそろ開花しますね。今年は、卒園式や卒業式の頃が見頃、満開となるのかしら。卒業といえば、当教室にも小学校を卒業する子供達が5名います。皆んな、小学1、2年生の頃から当教室に通っているだけに、叔母のような?母親のような?祖母のような?気持ちで、その成長を見守ってきました。月日の経過は早いものですね…。あんなに小さくて、手がかかっていた子供達が…もう小学校を卒業だなんて…(汗)泣いたり笑ったり怒ったりetc、それぞれの子供達とのたくさんの思い出が巡り胸が熱くなります。まだ、当教室が開塾して間もなかった頃に入塾してきた子供達。指導者としても駆け出しの頃だっただけに、今の6年生と共にこの教室も私も成長してきたように思います。どうしたらより良い指導ができるか、コンクール等でも結果が出せるかetc、子供達と共に試行錯誤してきました。子供達はもちろんですが、親御様方とも一緒に歩んできた月日だったように思います。

そんな思い出深い6年生の作品を表装しました。年に一度、当教室の恒例行事として、本院主催の書き初め誌上展に全員出品〜チャレンジしています。今回展、6年生全員が小学生最後のチャレンジだ!と気合いが入り、皆んないつも以上に一生懸命練習に取り組み、とても良い作品に仕上げることができました。コンクールの結果は…全員揃っての金賞入賞!お見事です(拍手)課題語句「雪中梅花」という言葉〜響きも素敵だし、出来栄えも素晴らしかったので、書初め練習が終わった日…「この作品を成長の証として、それぞれの子供達に渡したい!渡そう!」…そう思いました。

↓その素晴らしい作品がこちら!

子供達に贈る前に、他の生徒さんや親御様にも見ていただきたくお披露目会?を(笑)展示してみると、それはそれは圧巻です!そして感動!展示した作品を見ながら、それぞれの子供達のことを思うと…胸が熱くなり涙が自然と溢れます……。字の上達はもちろんですが、皆んな本当に心身共に大きく成長しましたね!先生…嬉しいよ!子供達が教室で過ごすのは、ほんのひと時ですが、そのひと時が私にとってはとても愛おしく大切な時間…。彩の森書道教室で、翔蓮先生のもとで「書」を学んでくれてありがとう!小学校は卒業ですが、嬉しいことに全員揃って中学生になっても当教室で書を学び続けてくれます。もう少しだけ、君達と過ごせる時間をいただけて先生とっても嬉しいです!中学生からは、行書体を学びます。楷書体もこんなに上達してくれたので、行書体も上達できるように…先生、一生懸命教えるから着いて来てねっ!引き続き、皆んな一緒に頑張りましょうね!


「一輪の雪中梅花は、春風に吹かれて、爛漫と
咲き誇るかのように笑っている」まるで君達の様な雪中梅花〜成長の証として贈ります!小学校卒業おめでとう!

次の記事

手仕事