手帳

埼玉県入間市の書道教室〜彩の森書道教室です。

届いた〜!待ちに待った物がやっと私の手元に〜届きました。使っている手帳カバーがくたびれてしまい、そろそろ買い換えたいと思っていたところに…タイミングよく?誕生日がやってきました笑。誕生日を口実に?主人にプレゼントしてもらうことに笑。写真では明るく見えますが、落ち着いたダークレッドのシンプルな本革の手帳、ペンホルダーはもちろん、名刺入れや多目的スペース、しおりもありとても機能的。何と言っても手触りが良くて、しかも軽い!長らく待った甲斐がありました。教室のスケジュール等を管理する上で、手帳は無くてはならない大事なアイテム。その大事な手帳をしっかりカバーしてくれそうです。本革は、使い込む程に良い味が出てくるので大切に長く使いたいと思います。

手帳と言えば、先日、生徒さんから可愛い手作りプレゼントを頂きました。「先生、誕生日おめでとうございます」うわあ〜ん、◯◯ちゃん、ありがとう!先生、とっても嬉しいよ〜涙。お母様が「この子のスケジュール手帳には、先生の誕生日!って毎年書いてあるんですよ」って教えて下さいました。まあ!何と言うことでしょう!いち、お稽古ごとの先生の誕生日を自分の手帳に書き込んでくれているだなんて…身内?家族?になったようで、先生…感動です涙。思い起こせば、幼稚園の年長さんで入塾してきた◯◯ちゃん、早いものでもう小学5年生…長いお付き合いになればなる程、身内?家族!ではありませんが、私の気持ちはもう身内、家族そのものです!笑。我が子?我が孫?我が姪っ子?を思う気持ちと同じというよりそれ以上かもしれませんね。手帳をめくり、先のお稽古のスケジュールを考えていると…月日がどんどん進んでいくことが何だか寂しくも感じる今日この頃…。一日一日を大切に、そして生徒さん達との限られた時間を大切に、時を人生を紡いで行こう…そう改めて思わせてくれた手帳にまつわるエピソードでした。

さあ!子供達が頑張っている硬筆展も佳境を迎えようとしています。皆んな気を引き締めて!ここからが大事ですよ!最後まで諦めず、粘り強く!自分を越えて行こう!愛しい子供達が最後まで完走できるように、先生もお母様方と共に応援・サポート頑張ります!

 

前の記事

春の大仕事

次の記事

大胆な…作品