書作活動

入間市の書道教室〜彩の森書道教室です。

2/13(火)〜2/18(日)まで、東京銀座画廊美術館にて「選抜作家展 2018」が開催されました。名だたる諸先輩方の素晴らしい作品とともに、私の作品も展示していただくという(汗)大変光栄な機会に恵まれました。自分の作品を発表する場があるということは、とても励みになります。そして、己を知る機会でもあり、それは今後の書作活動に多大なる学びや気付きを与えてくれます。この度も大変勉強になりました!!(汗)現状に甘んじることなく、引き続き、自分の学び研磨を続け日々精進せねば…と改めて思うのでした。

『清平調詞三首』: 李白

名花 傾國ふたつながら相歡び 常に君王の笑いを帯びて看るを得

春風 無限の恨みを解釋して 沈香亭北 闌干に倚る

size 60×240

展覧会鑑賞後は、銀座の虎屋菓寮にて一服(笑)「マツコの知らない世界」でマツコデラックスさんが大絶賛していた小倉汁粉を頂きました。和三盆糖の風味が良くて、とてもなめらかな口当たり!ペロリと食し、満腹♪満腹♪ああ〜幸せ♡