東京書作展・選抜作家展2019

埼玉県入間市の書道教室〜彩の森書道教室です。

いよいよ今週、児童生徒さん達は学校書初めの終盤ですね。選手に選出された子供達は、学校での一点選出や昼休みや放課後の選手練習、本番を控えている選出候補者達、各々がそれぞれの連休を過ごしていることと思います。皆んな、最後の一枚、一画まで集中力を高めて頑張って下さいね。先生は教室より、一人、一人に鬼の?念力?!を送り応援していますよ!(笑)

さて、子供達が各種書初め練習を頑張っている時期と同じく、私も『東京書作展・選抜作家展2019』への出品作品を創作しておりました(汗)最近は、なかなか、自分のことに費やす時間を捻出する事が難しい環境ではありますが、隙間時間をやりくりし、短時間・短期集中にて作品作りをしています。創作時間がたくさんあるに越したことはありませんが、時間がなければ無いなりに、心の持ちようを変えてみると、その環境でしか生まれなかったであろう、書くことが出来なかったであろうと感じる作品が、不思議と書き上がることもあります。その作品を書いた時って、我ながらスゴっ!と思える程、集中力が高まっているような気がします(笑)この度の作品、まさにそんな感じで生まれた作品です。書き終えた後は、充実感と爽快感に包まれ、心地良く筆を置くことが出来ました。

先週、無事に出品完了しました!師より「程良く力が抜けていて良い作品」と身に余るお言葉をいただき、嬉しさと同時に身の引き締まる思いでした。ありがとうございます!!まずはともあれ、締め切り日に間に合ってよかった〜(汗)

↓出品作品(創作)  : 『楓橋夜泊』張継 詩  (サイズ 240センチ×70センチ)

《東京書作展・選抜作家展2019》

◎会期: 平成31年2月12日(火)~2月17日(日)  10時~18時(最終日16時迄)
◎会場: 東京銀座画廊美術館 7E
◎東京都中央区銀座2-7-18 銀座貿易ビル7階

御高覧いただければ幸いです!