私という名の作品?!

埼玉県入間市の書道教室〜彩の森書道教室です。

首都圏に発出されている緊急事態宣言が延長されそうな模様ですね…。春がそこまで訪れている今、お教室の生徒さんの中には卒業式や入学式という行事を控えている子供達もいて…1日も早いコロナの収束を願うばかりです。

さて、先月、選抜作家展2021が東京銀座画廊美術館で開催されました。今回、出品した作品をアップします!
出品作品】サイズ:240×60 「春雪・東方虬詩」

私は漢字作品が好きで好んで書作します。特にサイズの大きな紙に二行書きや三行書きは、良いか悪いかは別として…私らしく?私らしさ?が作品を通して表現できているような?気がします(笑)その極め付け?が、昨年の東京書作品に出品した三行書きの作品だったような…(笑)書き出してしまうと楽しさが勝り、筆が踊り?…私の課題でもあるやり過ぎ感は否めませんが…(笑)

↓【東京都知事賞受賞作品】:サイズ205×70「夢微之〜微之を夢む・白居易詩」

良くも悪くも「私という名の作品」!?だと…そう思います(笑)書に対する溢れ出る情熱、パワフル感は、いくつになっても持ち続けていたいなあ…。

↓書道界では有名な業界誌『墨』に私という名の作品?を掲載して頂きました。一生に一度の貴重な経験!とてもありがたく、我が家の家宝にします!!