第70回記念 埼玉県書き初め中央展覧会

埼玉県入間市の書道教室〜彩の森書道教室です。

毎日、寒い日々が続いています。またまたの…大雪!!えええ〜、一週間前に腰を痛めながら雪かきしたのに…(泣)とほほほほ….(汗)

さて、先週末は書初め展巡りをしてきました。まずは、さいたま市で開催された『第70回記念 埼玉県書き初め中央展覧会』へ。今年の学校書き初め展、当教室の生徒さんの中からも15名の生徒さんが各地区・各学校の代表選手となり、何と‼︎5名の生徒さんが県展に進むことができました。県展に憧れ、そして目標にしていた生徒さん達でしたので、「せんせぇ〜!!県展に選ばれました!!」と連絡をいただいた時には、何とも言えぬ感動が押し寄せ、目頭が熱くなりました(感涙)ホントに良かったね〜、冬休み中も頑張って練習したものねっ!!おめでとう〜!!そして、感動をありがとう!!

各地区から県展に進めるのは、ほんの一握りの作品です。今回、たくさん練習もし、努力を重ねたものの、惜しくも涙をのんだ生徒さん達もいます。その中には「来年は絶対行く!!」と、気持ちを前向きに切り替え『選ばれなかったけど、県展を見に行きたい!』と、お母様にお願いして見に行った生徒さんもいます。その気持ちが素晴らしいですね〜。現状を素直に受け入れ、そして悔しさをバネにして、乗り越えていこうとする逞しさ、心の強さ!!書の上達とともに、こんなにも大きな心の成長も遂げてくれたのね…と…もう先生…泣けてくるじゃないかあ〜〜えらいよ〜(感涙)日々の練習を積み重ね、また来年、一緒に頑張ろうね。いつも、先生は応援していますよ!!

コンクールは、良くも悪くも「きっかけ」です。そして、結果が全てではありませんよ!本当の結果、成果は、その後の心の持ち方・成長、そして、コンクール後の上達の幅です。書き初め期間中、しっかり書き込んだ生徒さんは、その後の線が作品が見事に変わります!!練習は裏切りませんよ〜!!「きっかけ」をプラスにするもマイナスにするも自分次第‼︎そして、それは、周りの大人の関わり方次第だとも思います。子供達が自立・成長しようとするタイミング・その時を我々大人は見逃さず、少し引いた距離で見守りつつ、そして一番近くで関わっていかなくてはなりません(汗)ついつい、子供達本人だけに上達を課し、成長を促しがちですが…子供達は、我々大人の姿・言動を通して成長していくことを忘れてはいけません。子供達を通して、我々大人も、大人として学び・成長していくこと!!それは巡り巡って、子供達の成長へと繋がるということ。私も指導者として、いつまでも書の学び・勉強を続け・そして、一人の大人として成長して行きたいと思います。自身の学びや勉強は、自分の為だけはなく愛しい生徒さん達の為、今後も引き続き頑張っていこう!..子供達の作品・成長に目を細めながら、そう改めて思うのでした。

毎回、県展に行くと、そのレベルの高さに本当にびっくりします(汗)埼玉県内から選抜された作品は、それはそれは、どれもこれも素晴らしいの一言です!!(拍手)そして、作品、線を通して、子供達の弛まぬ努力、熱意が見え、作品を前に尊敬の気持ち、そして感動で胸がいっぱいになります(感涙)彩の森書道教室の子供達はもちろんですが、県展入選の子供達、皆さん本当におめでとうございます!!

コンクールの時だけ、一生懸命練習してもなかなか成果はでません。やはり、日々の練習、日々の積み重ねのその先に、栄光への架け橋が見えてくるのだと思います。さあ〜、彩の森の皆んな!!日々の練習、コツコツコツコツ頑張るよ〜!!とその前に….先生…雪かき頑張りまあ〜す(汗)フウウ〜…