筆を持ち〜心を整えて…

新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、学校も休校措置がとられています。子供達にとっても、これまでの日常が一変し不安な日々…そんな状況の中でも、自分で筆を持ち〜しっかり心を整え〜真っ白な紙に向かう、そうやって自宅にて練習を積み重ねている彩の森の子供達…皆んなすごいです‼︎先生は、あなた達を誇りに思います(感涙)

↓皆んなの作品は、活力に満ち溢れキラキラと煌めきを放っています。生徒さん達が送ってくれた作品を一枚、一枚見ていると、グッと込み上げてくるものがあり…目頭が熱くなります。

現在、教室の場所をオンライン上に変えて、愛しい生徒さん達と繋がっています。苦難に遭遇した時、好きな事は自分の気持ちを落ち着かせ、そして不安な気持ちを和らげ、救い、助けてくれます。だからこそ、どんな形でもいい…生徒さん達が大好きと言って下さる「書」が続けられるよう、安全を確保した可能な環境作りに努めたい…そう思う日々。

ありがたい事に、このような中でも教室にお問い合わせをいただいております。現在、教室でのレッスンは行なっておりませんが、代替えレッスンとしてオンラインでの通信教育をしております。書の指導は、教室にてコミニケーションを取りながら、直接指導するというスタイルに勝るものはありません。ですが、現在においては、人と人との距離、触れ合う事や対面して会話を交わす事すら回避しなければならない状況…教室を完全にお休みする事も考えました…。ですが、果たして、いつまでこの状況が続くのか?いつになったらこれまでの日常に戻れるのか?…見通しが立たないという現状でもあります。どうするべきか…思い悩んだ末…「書」は技術、生徒さん達がこれまでのお稽古で培ってきた技量、実力が衰退しないよう…せめて維持する事に努めなければと思いました。練習を継続したいと希望して下さる生徒さん達に可能な方法で対応して行こう!そう決意し、オンラインでの通信教育を始めています。

皆んな、今、自分に出来る事、やらなければいけない事を頑張って、今という現実を乗り越えて行こうね!

〜StayHome〜『コロナにまけるな!』