表彰式

埼玉県入間市の書道教室〜彩の森書道教室です。

年に一度の恒例行事、本院主催・東京新聞後援で開催される書き初め誌上展!10月〜11月の約2ヶ月間、半紙・条幅ともに全員参加で練習に練習を重ね、渾身の作品を制作し出品しました。皆んな、ホントに頑張りました。レッスンにて、集中力を高め、黙々と書き込んだり、中には自宅でも練習を重ねていた生徒さんもいます。練習期間中、様々なドラマもありましたが、皆んな、それぞれのモチベーションで目標に向かって取り組んだ書き初め誌上展。全国132の支部(教室)から、半紙部門・条幅部門合わせて2870点の出品がありました。たくさんの素晴らしい作品の中から、表彰式に招待されるのは、奨励賞以上の受賞者のみ、ほんのひと握りです(汗)大変光栄なことに、彩の森書道教室から、今回11作品7名の生徒さんが上位賞に選出していただき、表彰式に招待されました。受賞者本人の頑張りはもちろんですが、親御様の愛情溢れる伴走・サポートのおかげと感謝の気持ちでいっぱいです。また、彩の森の子供達の作品を手に取り、審査していただいた審査員の先生方、本院の先生方に深く感謝致します。

⬇︎受賞者1人1人に賞状が授与されます。幼年ゆいちゃん、お返事も大きく、しっかりと賞状を受け取ることができました。とても立派でした(拍手)

⬇︎賞状を授与された後、メダルをかけてもらいます。子供達憧れのメダル、その重みを噛み締めてくださいね。

 

⬇︎東京新聞賞を受賞した小2・り〜ちゃん♡どっしりと豊かな線質で個性溢れる『わか草』を書き上げました。早朝クラスにて、いつもは眠い目をこすりながら、ゆっくりエンジンをかけていく子ですが、この作品を書いた時は、早起きをしたそうでバッチリ目も覚めていて、お稽古スタート時から、エンジン全開!ブルンブルンふかして取り組んでいました。チャ〜ンス!!これを逃してなるものかと(笑)いいね!!上手!!すごい!!かっこいい!!ありとあらゆる?!褒め言葉のシャワーをかけまくり、のせてのせてのせまくり〜(笑)褒めシャワーの要所要所に…起筆斜め!!そこ!強く!太く!ハイ!上がって〜下がって〜!!ハイ!ドッコイショ、ドスン!!etcと…ピリッと長嶋監督風?私流の導き(笑)完全にあやしい?カメラマン?!のような私ですが(笑)豊かな線を作品を引き出す為に、それはそれは必死に脇汗カキカキ気持ちを盛り上げます。そんな中で生まれた1枚、キタァ〜〜〜!!私の大好物な個性溢れる作品を目の前に♪喜びの小ダンスを舞いました(笑)り〜ちゃんらしさ全開のこの作品…最高じゃん♡

⬇︎半紙の部、条幅の部に分かれて全体の集合写真撮影、子供達の視線の先には、それはそれは多くのパパ・ママ・先生カメラマン達がいました(笑)

⬇︎最後に、本院の池田院長先生にお褒めのお言葉をいただき、皆んなで記念撮影!

気持ちを込めて、元気いっぱいに書き上げた作品を持って、ハイチ〜ズ‼︎今日の良き日、この日の喜び・感動を胸に、これからも自分らしく個性豊かな作品を書いていってくださいね。