通常レッスンスタート!

埼玉県入間市の書道教室〜彩の森書道教室です。

2018年、彩の森書道教室の通常レッスンが先週スタート!皆んな、お休みすることなく、元気にレッスンに来てくれました。『おはようございます!!』『こんにちは!!』中には『明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします』と年始のご挨拶をしてくれた生徒さんも!!皆んな、立派です‼︎挨拶は基本のマナー、気持ちの良い挨拶は、人間関係を円滑にします。彩の森書道教室では、挨拶等の礼儀作法に少々厳しいです(笑)それは、子供達が社会生活を営む中で、恥ずかしい思いをしないように…と願う私のおばさん心?!でもあるのです。皆んな、相手が気持ち良く感じるような挨拶をしましょうね!!では、レッスンスタート、よろしくお願いします!!

冬休み中、3年生以上の子供達は学校の書き初め展に向けて、また、1・2年生の子供達も任意で書のコンクールにチャレンジしていたりと、ほとんどの子供達が筆を持っていたので、感覚はすぐ戻るだろうなとは思いましたが…最初のレッスンは、改めて基礎練習に取り組んでみました。特に、幼年〜1・2年生の低学年に基本の横・縦画からハネ、ハライetc、『はなまる大作戦』?!にて基礎をしっかり学ばせます(笑)低学年は、はなまるをもらうとテンション上がりますからね〜♪皆んな、頑張って、横画、縦画引きまくり〜♪♪いい流れを作ってからの〜月の課題へGo〜Go〜!!

3年生からは、書写の授業に書き初めがプラスされます。春は硬筆展、冬は書き初め展と埼玉県は、書写教育に特に力を入れている県として有名ですよね〜。書き初めも硬筆展と同様に、埼玉県展に向けての予選?!各地区の学校で代表選手が選出されます。学校の規模により?各学年・各クラスから2〜3名という狭き門(汗)選抜された作品が地区展へと集まり、そこからさらに選抜された作品が埼玉県展へと進むのです。彩の森書道教室からも14名の生徒さんが各学校の代表選手に選抜されています。学校によっては、選手だけの放課後特訓があったり、宿題が出たりと様々な過程を経て出品作品を制作していきます。宿題が出ている子供達は、新年のレッスンは…学校書き初め‼︎皆んな必死です(汗)ひたすら書きます!書き込みます!もう飽きるよね〜ってくらい書いています(笑)そこまで書いている子供達の線質は、ものすごくいい♪『線質は1日にして成らず』、昨日今日練習しただけでは、線質は良くなりませんからね。日頃からの積み重ねの大切さを、改めて感じます。文字の形を正確に正確に〜名前も丁寧にっ〜!!子供達の熱意には、私も本気で向き合います。なので、容赦ない愛情たっぷりのダメだし、時には厳しいこともバンバン言います!!

新年早々から、3年生以上の選手達は厳しいレッスンとなりましたが、皆んなついてきてくれました。全力を尽くして頑張った子供達、もうそれだけで、君達は素晴らしいです!!結果は、おまけ!!そう思おう(笑)

児童クラスだけでなく、一般クラスも初回レッスンから、皆さんバンバン書きまくっています(笑)一般クラスの生徒さんも、とても練習熱心でどんどん線質が磨かれていきます。

2018年、彩の森書道教室〜皆んな元気にスタートしております。