2020年 エンジンスタート!

埼玉県入間市の書道教室〜彩の森書道教室です。

皆様、新年明けましておめでとうございます。いよいよ、2020年がスタートしましたね。今年は、日本〜世界の一大イベント!4年に一度のオリンピックが東京で開催される特別な1年となりますね。様々な感動ストーリーで胸が熱くなること間違いなし!とっても楽しみです。

さて、彩の森書道教室のスタートは…今年も↓ここから‼︎

と、第一声は明治神宮から…といきたかったのですが(汗)急用が入り、私は引率できなくなり、今年は生徒さん(もちろん保護者さん同伴)のみで行っていただきました。

2020年1月5日(日)、今年も明治神宮主催の新春書道展『第66回全国少年新春書道展』の奉告式〜表彰式にご招待いただきました。全国から27,967点の出品があり、その中から表彰式にご招待いただけるのは特選賞に入選した300点のみ。大変に難関である全国展の一つ。小3の彼女は、これまで2回挑戦していますが、光栄な事に初挑戦から連続入選させていただきました(入選作品は、1/30(木)まで明治神宮社殿前回廊に展示されています)

毎回、相当な枚数を書き込み、努力を積み重ねていることはもちろんなのですが、彼女の1番の強みは『書くことを楽しめる』ことだと思っています。純粋にお習字が、書くことが、楽しくて楽しくてしょうがない、彼女の姿からはそれがひしひしと伝わってくるのです。そんな彼女を指導する私も、楽しくて楽しくて仕方がありません(笑)賞を取りたい、入選したいetcと言う気持ちよりも、自分の納得する作品を書いてみたい、こんな線〜文字〜作品が書いてみたいetc、書に対しての探究心、向上心、興味等の方が優っています。気を追わず、無心に実直に頑張る事が目標達成、夢の実現に繋がるのだと思います。『やるべきことをやる』これに尽きます!この線はどんな筆使いをしているのかな?このハライはどんなスピードで書くのかな?筆圧のかけ方はこうかな?etc、自分でしっかり考えます。与えられた事をただこなすのではなく、しっかり自分で考えて作品を作り上げているので、繰り返し同じ指摘をされる事はほとんどありません。勉強やスポーツ等々、何事にも共通することですが【考える力】ってとてもとても重要ですよ!彩の森書道教室では、書を通して、考える力等々、様々な力を養い、学び、身につける事ができるよう指導しています。「書」は様々なことを教えてくれますよ。新しい年、皆様も「書」を始めて見ませんか?(笑)

2020年、明治神宮より彩の森書道教室エンジンスタート!さあ〜!教室レッスンは、1/6(月)各種書初め展・特別レッスンからスタート!冬休み中、一生懸命練習した作品をたくさん抱えて子供達がやってきます。皆んな、書初めラストスパート頑張ろう!

皆様、今年も引き続き、彩の森書道教室をよろしくお願い致します。

彩の森書道教室主宰 神瀬翔蓮 拝