ファースト作品

入間市の書道教室〜彩の森書道教室です。

三寒四温?!暖かくなったり寒くなったりと、いよいよ?!冬さんと春さんの綱引きが始まりましたね(笑)季節の変わり目、花粉症との戦いも始まりましたが、体調に気をつけて元気に暖かい春をお迎えしたいと思っています。

さて、2月も児童クラスにて新たな生徒さん達が学びをスタートさせました。その一人、幼年のなっちゃん♡現在、年長さんで4月からピカピカの1年生!!(←古い?!)彩の森書道教室の児童クラスは、幼年・年長さんから入塾可能となっています。(但し、ひらがなの読み書きがある程出来るお子さんに限ります)なっちゃんは、左利き〜発達心理学の中には、利き手が決まるのは4歳頃だという説があります。私個人としては、左利きは個性であり才能だと思っていますので、硬筆は親御さんのご意向に添って指導しており、無理に矯正することは行っておりません。ただ、毛筆については左利きのお子さんも右手で書いてもらいます。それは、毛筆の書具やお手本等(トメ・ハネ・ハライの書き方等)は右手で扱ったり、書いたりするように作られているからです。また、日本の所作や伝統的な日本文化は、右利きで行うようにできています。日本の伝統的文化の一つである書道を学ぶのですから、毛筆は左利きのお子さんも右手で学びましょうね♡という訳で?!なっちゃんも、書き慣れない右手で慣れない毛筆筆を持って、一生懸命練習しました。残念ながら、レッスン風景は私に余裕が無く?!ベストショットが撮れていないのですが…(汗)90分間という幼年にとっては、ロング〜な時間にもかかわらず、素晴らしい集中力の高さを発揮し、ファースト作品を仕上げてくれました♡よく頑張ったね、なっちゃん上手です♡(拍手)

そして、4月からピカピカの1年生という事で、競書の『ボクの私のイラストコーナー』4月号へ応募するイラストを利き手の左手で描いてもらいました。なっちゃんは、絵を描く事も大好きな女の子♡ジャン♪ご覧下さい!!この力作っ!!幼年が書いたとは思えないこのクオリティーの高さ!!ホントにびっくりポンです(驚)背景と人物との距離感、そして、木や洋服等の細かい模様、小物の描き方etcで立体感もでています。す・す・すごい!!!察するに観察力がすごく高いのだと思います。何より、大好きなパパとママと手を繋いで、入学式を迎えているなっちゃんの表情が生き生きと描かれている事に、私の表情もスマイル〜心がとても温かくなります♡1年生!嬉しいね〜なっちゃん♡春が待ち遠しいね♪先生もこれから、なっちゃんの書の上達と成長を見守ることがとても楽しみです♪

お次は、1年生のいっちゃん♡入塾から半年経過し、ここ最近、硬筆・毛筆ともにグーンと上達してきました。いっちゃんといえば?!オレンジ色の園服♪墨で汚れてもいいように、お母様が持たせてくれます。墨だらけの園服姿がとっても可愛い♡思いっきりが良く、堂々した書きっぷりが気持ちいい いっちゃん。少々、あわてん坊さんなので『いっちゃァ〜ん、ゆっくりゆっくり!そこは、カメさんカメさんになって〜慌てない!急がないのよ〜!!』etcと声かけをします(笑)

書き急ぎたい気持ちをグッとこらえて、じっくり筆を運ぶいっちゃん♡その調子♪その調子♪

⬇︎左 : 半年前、入塾間もない時の作品            ⬇︎右 : 半年後、2月の課題作品

トメ・ハネ・ハライを意識し、しっかりした線質で半紙いっぱいに元気よく書けましたね♪名前も大きく書けていて、とても生き生きした作品♡よく頑張ったね、いっちゃん上手です♪

硬筆もお母さんに伺ったところ、教室のオリジナル硬筆トレーニングを、自宅で一生懸命頑張っているとのことで、グングン上達してきました。中心線やバランスも意識するようになりましたね。線質が見違えるように良くなってきました。やはり、努力・質の良い練習の積み重ねは、上達に繋がりますね。今月は、いっちゃんにも?!先生の鬼のダメ出しノックがついに?!出ました(笑)『いっちゃん、もう一回!もう一回!ハイ、もう一回!!』。大粒の涙をポロポロ流しながら『か・書けなくて…く・悔しい…』と 言った いっちゃん!!良くぞ言った!!立派です!!!立派ですよ〜いっちゃん!!(拍手)泣きながら繰り返し練習した『す』上達しましたね♡

⬇︎左 : 半年前、入塾間もない時の作品           ⬇︎右 : 半年後、2月の課題作品

さあ〜!!もう間もなく3月です。各学年最終月となりますので、子供達には、力を存分に発揮して3月号課題に取り組んでほしいと思います。先生もいつも以上に?!上げたり⤴︎下げたり⤵︎?!熱血しまするよ〜(笑)

彩の森書道教室は少人数制の書道教室です。お一人お一人と向かい合い、きめ細やかな指導を心掛けてレッスンをおこなっております。ガッツリ?!向かい合いますので、笑ったり泣いたりetcの感情豊かな様々なドラマが彩の森書道教室には生まれます(笑)書の上達はもちろんですが、書を通して感性を磨き豊かな心を育みましょう!