『きっかけの中で』

埼玉県入間市の書道教室〜彩の森書道教室です。

『先生!お手紙もらいました〜!!』『先生!県展行けました〜!!』先週末から今週と嬉しい報告をたくさんいただきました(感涙)『おおおお〜!!やったね〜!!』『うわ〜ん♪おめでとう!!』嬉しい絶叫の連続で声枯れ、そして『先生〜嬉しいよ〜!』『よく頑張ったね!すごいね〜!』etc感動感動の波が押し寄せ〜涙腺崩壊10秒前にてグッと我慢(笑)そしてそして〜『カモ〜ン!飛び込んでおいで〜!!』両手を広げ、ギュッ、ムギュッと子供達とハグハグ♡ハニカミ男子&女子達とはわんぱく相撲ハグ♡そして、ママ達と母ハグ(笑)そして笑顔笑顔!先週、硬筆展各地区展の審査が行われました。審査日の翌日は、スマホをガン見しながら…吉報来い来い来い〜おりゃ〜〜!!と皆んなの連絡をドキドキして待っていました。ナントなんと〜一番手は、土曜クラスの1年生のお母様から『驚き!!』と題したメールが!!!おおおおおおおおおおお〜〜!!!!速攻電話をかける(笑)そして驚く驚く!!驚いたぁ〜〜!!もう〜驚きや嬉しさやら感動やらなんやかんやで…ハートがバックンバックン♡子供達の下校時刻が迫ると、私のドキドキっぷりもマックス!!そこからは、嬉しい絶叫が夜まで続くのでした♪

先週、当教室の24名の子供達が入間市・狭山市・所沢市・川越市の各学校の選手として選出されていました。その作品は、それぞれの各地区展へと進み、各地区展の審査にて県展へと進む作品が決定されます。市内展へと進んだ24名の中から11名の子供達の作品が、難関と言われる『埼玉県硬筆中央展覧会(略して県展)』へと選出されました。その内、3組は姉妹(兄妹)揃っての選出!!ワオっ〜(驚)!!私もかなりの…おったまげぇ〜っ!!思わず…平野ノラちゃん?!に(笑)もう〜、一生分の私の運も使い果たしたかも?!可愛い子供達の為なら…まぁいいかっ!!喜んで私の運もあげちゃうっ♡

ということで、今年も彩の森の子供達に、県展行きの切符を頂くことができました!!『平成28年度・第57回 埼玉県中央硬筆展』は、今週末6/24(土)・25(日)の2日間、越谷市で開催されます。土曜日は教室のレッスンなので、私は25日(日)の朝一で会場へ行きます。彩の森の子供達、ご家族の皆様に遭遇するといいなぁ〜♪皆さんと共に喜びを分かち合う事ができ、とても幸せな気持ちです。彩の森の子供達、そして、陰の立役者であるお母様方、ご家族の皆さん、本当におめでとうございます!!そして、幸せのおすそ分けありがとうございます。

『先生!全ての力を出し切ったよ!!』一画一画・一文字一文字・一枚一枚に全力を尽くした子供達。皆んな、硬筆展の期間中だけ、一生懸命頑張っているわけではありません。彩の森の子供達は、普段から教室レッスンにて、日々〜年間を通し硬筆の練習を積み重ねています。『今、自分がやるべきことは何だろう?!』『まずは、目の前の事を一生懸命やる!』『そして目標や夢を叶える為に…今、自分にできることは何だろう?それを考えて〜考えたことをまた一生懸命頑張ってみる!!』その思考を繰り返して、目標へと向かっていきます。大きな夢や目標に近づく・実現する為には、その時だけ頑張ってもなかなか成果はでません。いつでも、実力を発揮できるよう準備しておくことも必要!それが、日々の積み重ねだと私は思っています。市展〜県展入選の子供達、教室在籍期間はそれぞれ違います。在籍期間に関わらず、全員が教室レッスンにて基礎をしっかり学び・身につけ、日々の練習を積み重ね、努力し続けてきたからこその…今です!普段のレッスンで学んだこと、習得したこと、積み重ねてきたことetc、硬筆展という『きっかけの中で』集中力を最高に高め、十二分に力を発揮してくれたのだと…私はそう思っています。『継続は力なり』そして…『諦めない気持ち』皆んなそれを忘れずに…さあ〜!!今週も彩の森書道教室のレッスンスタートです♪

彩の森書道教室は、少人数制の書道教室です。皆様よりお問い合わせ頂いておりますが、現在、児童クラスの募集・体験レッスンともに見合わせております。少人数制スタイルであるからこそ出来ること…字の上達はもちろんのこと、書を通して個々の子供達の心の成長〜育成にも尽力する。一人一人と向かい合い、心の通う質の高い指導を行いたい。そんな わたくしの夢・理念を保持・大切にした教室運営をこれからも実現して行きたく、皆様のご理解をいただけると幸いです。また、一般クラスにつきましても、現在、募集を見合わせております。児童クラス・一般クラスともに、募集の際は、ホームページ上にてお知らせ致します。