気分爽快っ!!。

埼玉県入間市の書道教室〜彩の森書道教室です。

終わったぁ〜〜〜!!!2017年・私自身のコンクールへの挑戦…約1ヶ月半の時間をかけ、仕上げた3作品(漢字部門2作品・仮名交じり1作品)を本日、無事に出品してまいりましたぁ〜!!

今年も、やり切った感をすごく感じる事ができ気分爽快です!賞云々より、どれだけ自分が書に向き合えるのか?!今の自分に出来る、最大限の力を出し切れたか?!毎回思うのですが、私は、自分の弱さ・迷いetcを乗り越えたくて、コンクールにチャレンジしています(笑)乗り越えた時のあの嬉しさ、楽しさ、心地良さ…感動、それはそれは格別です!そうするとね、線も変わってくるんですよね〜♪もう最後あたりは、BGMにロックを選曲、シャウトしながらノリノリで?筆が動いていました(笑)ただ…手首肩足腰etc体全身がボロボロ?!どっぷりと体は疲労感満載ですが…(苦笑)今日は、自分へのお疲れ様の意味も込め、提出を終えた後、行きつけの?整骨院に直行〜!!いつも以上に疲れをとっていただきました。この1ヶ月半、整骨院の先生が懇切丁寧に、体のメンテナンスをして下さったおかげで、何とか乗り越えられました。K先生にも感謝の気持ちを伝え、そして…年末までの怒濤の日々、引き続き『よろしくね!!』と(笑)

コンクールを通して、改めて思うことは、やっぱり一人では頑張れないなあ…と。もちろん、書には一人で向き合いますが、書く為・頑張る為の環境や体のコンデイション、そして心のコンデイションetc、周りの協力や応援があってこそ向き合える・頑張る事が出来るんだと…。頑張る途中では、自分の気持ちとの葛藤ももちろんあります(彩の森の皆んなぁ〜!先生にもそんな時がもちろんあるんだよ〜(笑))思うように書けない、気持ちが乗らない、もう書くこと・頑張る事をやめてしまいたいetc…そんな時、伴走してくれる人がいる、沿道で声をかけ応援してくれる人がいるから、よし!!自分に負けるもんか!!と気持ちが前を向き、乗り越え、また一歩を踏み出す事ができます。それは、直接的でなくとも、私の場合、例えば、お世話になっている整骨院の先生や、自身の主宰する教室の生徒さん、児童クラスの保護者であるお母様etcから『先生、お身体大丈夫ですか?!』『無理はしない程度に…』etc、そんな何気に私を気遣って下さる優しいお気持ちも、今回、私の頑張る力となりました。皆様ありがとうございました。そしてこの期間?!(1年中ですけどね(笑))、書にどっぷり浸らせ、叱咤激励してくれる心のひろ〜〜い主人に感謝の気持ちでいっぱいです(笑)いつも応援ありがとう!

これから、教室の子供達は書初めシーズンに突入です。一人ぼっちで頑張る事がないよう、お母様方とタッグを組み、安心の中で子供達を完走させたいと思います。子供達に頑張れというからには、指導者はもちろんですが、親御さんもお子さんと一緒に頑張って下さいね。言いぱなしの頑張れとか、どうして上手くかけないの?etcと言う言葉は、お子さんを、ただ孤独にさせてしまうだけです。ただ、コンクールですので、どうしても優劣・順位や賞が決まります。それがコンクールというものですし、世の現実です。ですが、賞を取る事だけが全てではありません。むしろ、真の目的は『自分と向き合い、今の自分を超え一歩前進していくこと、成長していくこと』その為にも、親御さんの関わり・言葉かけ、親子の会話・温度差はとても重要だと思います。

さて!たまっている雑務が盛りだくさん(汗)今週レッスンが始まる前に、とりあえず、一つ一つクリアしていこっと(汗)できるかなぁ〜?!あはははは〜(苦笑)