新年度スタート

埼玉県入間市の書道教室〜彩の森書道教室です。

2021年も4月となり、新年度のスタートとなりました。児童クラスの子供達も明後日から学校が始まり、そして、新・小学生や新・中学生になる子供達はドキドキワクワクの入学式ですね。◯◯ちゃんは、大きな声でお返事出来るかな?◯◯君や◯◯ちゃんの制服姿はどんなだろうか?etc、先生もワクワクドキドキです(笑)

さて教室は2週間程、春休みにて生徒さん達もお休みでしたが…私はお休みしている暇も無く…やるべき事がてんこ盛りで少々お疲れ気味(苦笑)先ずは、6月に開催される社中の展覧会・同人展に向けて書作をしていました。とりあえず、何を書くか?は詩文と紙のサイズは決めていたので、速攻で草稿を考えてと…。私の場合ですが、実際、書作を始めるとどんどん作品が変わっていくので(笑)、草稿は何となくサラサラサラ〜と考えます。ちなみに月例の創作課題は、いきなり紙に書いて行きます(笑)本当は、しっかり草稿を考えた方がいいのでしょうが…性格的にダメなのかもしれませんね(苦笑)自由に気ままに創作を楽しんでしまいます(笑)そんな感じ?で今回も書作中!色々書いて見ましたが……今回は書き始めた頃の作品が良いような…。もうすぐ締め切り、教室のお稽古が始まると忙しくなるので…あと数枚書いて終わりにしよっと!今回も?私らしい?作品になりそうです(笑)

そして、この春休み中にもう一つ頑張っていた事は…月例課題のお手本書きはもちろんですが、それプラス…春の硬筆展!に向けて、特別レッスンの準備をしていました。昨年は、緊急事態宣言にて学校がお休みとなり埼玉県硬筆展は中止となりましたが、今年は今のところ?開催されるようですね。でも、作品の展示はきっと中止かと思われますが…。今回の特別レッスン(希望者のみ)は、少し指導方法を変えてみようと思い立ちました。という事で、予測手本となるものを書いて見ましたよ。あくまでも予測ですが…(汗)正式なお手本が配布されるまでは、私の書いた予測手本にて練習を始めてもらおうと思います。でもね…このお手本書きが思った以上に大変で…(汗)正解がわからないから、色々予測して書いていたら書き過ぎて…手が痛いわ何やで心が折れそうでした(笑)なので、来年も書くかと言われたら…わかりませんが…(苦笑)とりあえず、今年は頑張って書いた甲斐があり、これならまあ良かろう!という予測手本が出来上がりました。特別レッスンの受講を希望してくれた生徒さん達に、早速、配布したいと思います。

さあ〜!忙しかった春休みも終わり、今週から2021年度のお稽古が始まります。久しぶりに会う子供達は、きっとまた大きく成長している事でしょう。最近、どんどん身長が伸びている子供達が多く、あっという間に私の身長を抜いて行きます(汗)残念な事に私の身長は、老いと共に縮んでいるようであります…(泣)老眼が急激に進んだりと、体は衰えるばかりですが、気持ちだけは?若々しく元気にハツラツで行くぞ〜!

前の記事

手仕事

次の記事

硬筆シーズン